J League

J League

Jリーグ:神奈川県はクラブが多すぎ チーム数はいくつある?

JリーグはむかしはJ1リーグしかありませんでした。しかしいまはJ1からJ3まであり、かなりチーム数が増えているのが実態です。それでは一体どこの地域にクラブが多いのかというと、神奈川県になります。では神奈川県にはどれくらいのJクラブが存在しているのでしょうか?そしてどのような理由が背景にあるのでしょうか?
J League

Jリーグ:ジェフユナイテッド千葉はいつから公式にJ2にいるのか? 昇格への挑戦

ジェフ千葉と言えば、オリジナル10であり、創成期から活躍しているプロサッカーチームです。しかし2000年代初頭に降格を経験してからと言うもの、なかなかJ1の舞台へ戻れずに苦しんでいます。いわゆるJ2沼に嵌ってしまった典型的な代表と言えるでしょう。いつからジェフ千葉はJ2にいるのでしょうか?
J League

Jリーグ:ベガルタ仙台がなぜ弱くなった? J2降格と経営危機

ベガルタ仙台といえば、2010年代はずっとJ1カテゴリーにいるチームでした。地味な選手が多く華やかさは一切ないチームでしたが、安定した戦いを見せていたチームだったのに、なぜ落ちぶれてしまったのでしょうか?これにはかなり多くの要因が重なっています。
J League

Jリーグ:アルビレックス新潟はなぜ人気なのか? サポーターが多い理由

アルビレックス新潟は決して強豪と呼べるようなチームではありません。このチームで活躍した選手はいつも浦和などに引き抜かれる運命にあり、チーム自体もJ2に落ちたこともありますから、決して強さと言う意味では、魅力のあるチームとは言えません。しかしそれでも人気があるのは一体なぜなのでしょうか?
J League

Jリーグ:京都サンガはなぜ弱い? その理由

京都サンガといえば、J1とJ2をさまよっている印象がとても強いチームです。2020年代はJ1リーグでも戦えていますが、その割には下位に沈むシーズンがとても多いのです。京セラや任天堂など大きなスポンサーついてるわりに弱いのはなぜなのでしょうか?
J League

Jリーグ:秋春制のメリットとデメリット 雪国と8月 サッカーシーズン移行問題とサポの意見や検討

Jリーグでは常に議論されているのが秋春制。Jリーグ開幕からずっと春にシーズンスタート、秋の終わりにシーズンが終了するという流れが定着していました。しかし、常にヨーロッパの主要リーグで導入されている秋春制の導入を訴える方がとても多いのです。メリットとデメリットを語っていきます。
J League

Jリーグ:J2やJ3が「魔境」「沼」と言われる理由

Jリーグと言えばトップリーグであるJ1を想像する方が多いでしょう。しかしJリーグにはJ2やJ3という下部リーグもあり、多数のクラブが所属しています。しかしいったんトップリーグがから降格をしてしまうと、なかなか下部リーグから昇格できないという事態が発生してしまいます。それがゆえにJ2やJ3は沼とか、魔境と言われてしまうのです。
J League

Jリーグ:東京ヴェルディ1969(ヴェルディ川崎)はなぜ不人気?

東京ヴェルディ1969といえばオリジナル10のチームの一つで、Jリーグの初期にリーグを盛り上げてくれたクラブチームです。しかしいまやJ2が指定席となっており、観客席はいつも空席が目立つような不人気チームになってしまったのです。なぜこれだけヴェルディは落ちぶれてしまったのでしょうか?
J League

Jリーグ:清水エスパルスとジュビロ磐田が弱すぎる サッカー王国静岡の崩壊

清水エスパルスとジュビロ磐田。かつてはJ1リーグで上位が定位置であった両クラブがいよいよJ1にいることも難しくなり、J2で戦う機会が増えるようになってきています。静岡県と言えば、日本で最もサッカーのレベルが高いと言われていた地域なのですが、もはやそうではないようです。
J League

Jリーグ:サガン鳥栖はなぜ降格しない? 経営危機とチームの強さ

サガン鳥栖と言えば、それ程資金力に恵まれているような強豪クラブではありません。かといって、実績もあるわけでもなくタイトルをたくさん獲得しているようなクラブでもありません。それにもかかわらず、J2降格経験のないとても珍しいクラブとなっています。サガン鳥栖はなぜ強いのでしょうか?