ラリーガ:バルセロナはなぜ弱くなったのか? その理由について

Europe League

ラリーガのバルセロナはなぜ弱くなったのか? シーズンではリーグの試合で戦っても勝てないです。その理由について解説をしていきます。2010年代の前半に全盛期を迎えてリオネルメッシを中軸に添えたチームはまさにヨーロッパ史上最強のチームでしたが、その後著しく衰退したのです。それは一体どのような理由があるのでしょうか。

DAZN

FCバルセロナとは?

FCバルセロナとは、スペインのカタルーニャ州バルセロナを本拠地としているプロサッカークラブです。国内においてはタイトル獲得数は70を超えており、レアルマドリードとはライバル関係に当たります。世界で最も支持されているクラブの一つであり、人気度は世界一で、世界中にサポーターがいるチームとしても有名です。創設は1899年です。

愛称

愛称は「バルサ」でこれはカタルーニャ語です。他には「ブラウグラナ」という相性も持っており、これもカタルーニャ語です。ゲームでは高い位置からのプレスで奪取し、パスワーク中心のボール回しでプレーで攻撃を盛り上げます。前線には最高のメンバーが揃っており勝利が義務となっている状況です。常に得点が期待されタイトルの獲得を義務付けられてます。

ホームスタジアム

ホームスタジアムはカンプノウで、1950年代に造られたかなり歴史の長居スタジアムになり、収容人数はなんと99000人にもなるため、世界的にも最大級のスタジアムの一つとされています。

運営

世界のビッグクラブの中ではバルセロナの運営方法はかなり特殊。クラブ運営上の特徴として一般市民などからの会員を募り、その会費でチームを運営しているのです。会員は現在世界中で18万もいるため、とても大きな基盤となっています。またカンテラと呼ばれる下部組織があり、カンテラ出身選手は生え抜きとしてサポーターから絶大な声援を受けることが多いです。

エルクラシコ

エルクラシコとは、スペインリーグを代表する、レアルマドリードとバルセロナによる試合です。この強豪同士による試合はUEFAチャンピオンズリーグよりもレベルが上ともよく言われているほどです。そのため、スペインだけでなく、世界中のサッカーファンがこの試合に注目をしていることが多いです。

バルセロナはなぜ弱くなったのか? その理由について

バルセロナはなぜ弱くなったのか? その理由について解説をしていきます。リオネル・メッシの全盛期に栄華を極めたあの史上最強チームと呼ばれたバルセロナはなぜ2020年代に入って衰退してしまったのでしょうか?その理由を一覧で紹介します。2020年代はラ・リーガでもマドリーのニュースが多く、海外の情報でもスポットライトはレアル。結果として彼らはレアルの尻を追いかけることで精いっぱいです。

リオネル・メッシに依存しすぎた

何と言っても最大の理由はリオネル・メッシに依存しすぎたことでしょう。リオネル・メッシは確かに史上最高のサッカー選手であり、依存してしまうのは仕方ありません。しかしメッシが衰え始めた2010年代の後半になってもずっと依存し続けました。これにより彼に代わる中軸選手が出てきませんでした。これほど突出した選手だとなかなか替えがきかないのは仕方ないことかもしれません。最新のサッカー界は中盤が弱く、昔のフットボールスタイルは達成が難しい可能性があります。

バルトメウによる財政危機

ジョゼップ・マリア・バルトメウとはFCバルセロナの元オーナーでありレアル・マドリードのスパイと呼ばれています。この理由は的外れな選手補強を続けて資金を溶かしたことで財政を圧迫したのです。さらにスポンサー収入を失ったことから「バルサ史上最低の会長」と呼ばれてしまいました。選手補強はことごとく外れ、ラ・マシアの人材流出も止まらなかったため、彼は辞任に追い込まれました。

主軸選手の相次ぐ放出

上記の財政難はチームの主軸選手の放出も余儀なくされました。メッシ、スアレス、ネイマール、グリーズマンなどの主軸選手の放出をしてしまい、チームは弱体化をしてしまいました。当たり前ですがこれだけ放出するとなると戦力ダウンは避けられず、これらの選手が消えたあたりからUEFAチャンピオンズリーグでもクラシコでもシーズンで勝てなくなっていきました。最近は大会で過去ほどパスもさえず、守備も良くないので評価は悪いです。

ティキタカスタイルが続けられない

リオネル・メッシの時代はいわゆるティキタカでイニエスタやシャビ、ブスケッツのトライアングルが機能し、パスワークで相手を翻弄していました。しかしこれらの選手がいない中ではこのスタイルが維持できず、転換を余儀なくされるのです。現在のバルセロナの戦術スタイルはスピードに乗った速攻やサイドからのクロスも多用しています。しかしバルサは昔から一貫した哲学をもっておりティキタカをベースにしたいのですが、それを体現できる選手が中々確保できないと言う面があるのです。

ラリーガを観戦しよう

ラリーガは以下の記事で紹介している動画配信サービスで視聴することができます。生観戦ができますので興味のある方は登録をしてみましょう。

ChannelPlanSoccer ContentsURL
DAZN\3750代表チーム
欧州主要リーグ
Jリーグ
DAZN
Hulu¥1026フランスリーグ
オランダリーグ
Hulu
WOWOW\2530UEFAチャンピオンズリーグ
UEFAヨーロッパリーグ
WOWOW
ABEMA TV¥960代表チーム
ワールドカップ
プレミアリーグ
スコットランドリーグ
ABEMA
スカパー¥429 + ¥2480代表チーム
サッカー天皇杯
ブンデスリーガ
ラリーガ
スカパー!
J SPORTS\1100FIFAワールドユースJ SPORTS

コメント

タイトルとURLをコピーしました